忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5]

DATE : 2019/07/18 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2007/08/02 (Thu)
ショックアブソーバというと乗り心地が話題になることが多いが、
タイヤの路面への接地性にも大きな影響を与える存在だ。

長年の使用で内部のピストンが磨耗すると、車体の大きな振動を抑えられなくなる。

コーナーでの踏ん張りも効かなくなり、クルマ本来の性能を引き出せなくなる。


少しずつ劣化していくパーツなので交換するかどうかの判断は難しい。
走り方でも劣化の進み具合が異なるので一概には言えないのだが
ハードな走り方が多いなら3万~4万km。
普通に走っていても7万km程度で交換したい。

走っていて、フワフワするな~、と感じたら交換したほうがいい。

交換すれば走りがシャッキリするぞ。
PR

DATE : 2007/08/02 (Thu)
サスペンションにはブッシュというゴム製品が使われている。
アームなど金属部品では劣化の心配はあまりないが、
ゴムでつくられたブッシュは確実に劣化する。

次第に硬くなって縮み、アームがガタついたり動きが悪くなったりする。

最悪、ゴムが切れたり欠けたりする。

10万km時にはブッシュを交換しておきたい。

7万から8万kmなら症状が現れる前に交換しておきたい。


スプリングも10万kmも走行していれば多少は劣化するが、
よほどハードな走行をしない限りは大丈夫だ。


なお、エンジンを支えているエンジンマウントもゴム製部品なので、
10万km時には交換したい。

DATE : 2007/08/02 (Thu)
一部車種を除いてはメーカーがATFの交換時期をしていないことが多い。

10万km無効間でノートラブルということもあるが、
実際には数万km程度の走行でもATFは劣化している。

ATFの交換でもっとも安価なのは、専用ポンプでレベルゲージのパイプから
古いATFを吸い出しながら新しいATFを注入するやりかた。

カー用品店やスタンドではこの方法が多いが、
長距離を無交換のATFだと注入された新しいATFによって、
汚れが浮き上がり、油圧経路を詰まらせて故障することがある。

そのため、5万km~7万kmの間で、店によって異なるが、
一定の距離を走っているとATF交換を断られることもある。
このため、1回目のATF交換は5万kmまでにしておきたい。

もし、20万kmを目指すのであれば、2度目の交換では
AT内部を清掃してもらうといい。

費用はかかるが、オイルパンを外して内部のストレーナ(フィルター)を掃除してから
ATFを交換すれば、ATが快調になり寿命も延びる。

どうせならオーバーホールも受けて、クラッチなどの内部の消耗部品を交換すればベストだ。


DATE : 2007/08/02 (Thu)

クルマには様々なオイルが使用されている。
エンジン・オイルだけではなく他のオイル類も交換しよう。

FF車の場合、デフオイルはトランスミッションオイルと共用なので、
デフオイルを単独で交換する必要はないが、
FR車と4WD車では定期的な交換が必要だ。

エンジンオイルほど過酷な環境では使われていないが少しずつ劣化する。

5万kmあたりから急激に性能が低下するので、この時期に交換したい。

マニュアルミッションオイルの寿命も同程度だ。


なお、デフがLSDの場合はデフオイルの劣化は早い。

ビスカス式LSDやトルセン式LSDなら2万km。
機械式(摩擦式)LSDのSUVで悪路走行が多いなら1万kmで交換したい。


DATE : 2007/08/02 (Thu)
一般的なプラグの寿命は2万から3万km程度。

これを超えても急激にエンジンの調子が悪くなるわけではないが
燃費の悪化やパワーダウンは起こっている。

遅くとも5万kmごとには交換したい。


最近では新車時から白金プラグを使用しているクルマも多い。

電極が丈夫で汚れがつきにくいので、10万kmを超える耐久力がある。

15万kmあたりまで使えることもあるが、
長く乗り続けたいなら10万kmで交換したい。

ただし、市販の白金プラグのなかには電極にしか白金が使われていないものがある。
この場合、寿命は一般的なプラグと同様、遅くとも5万kmごとには交換したい。
忍者ブログ [PR]
フリーエリア